頭痛の原因を予防医学薬剤師が追跡!肩こりや首凝りやストレスが原因になりやすい頭痛をのりきる!

2019/08/01 予防医学ブログ
図宇うに悩む牛のかぶりものおつけた人間

 頭痛の悩みを解決しよう!


頭痛でお悩みの方は少なくないのでは?

かくいう私も、以前はときおりくる頭痛に悩まされていました。
でも今は大丈夫♫


頭痛の原因もいろいろ考えられて、
深掘りすればそれだけで専門のドクターが誕生するくらいですから、
そのすべてにはふれません。

 

今回取り上げる対策は、あくまで一例なので、
頭痛への予防医学的アプローチの際は、必ず専門家の方や、私やカウンセリングしてくれる人をつけて挑戦してみてくださいね。



その1 血液循環をよくする



頭痛の原因のひとつに、血液循環が考えられます。
血の巡りが悪くなってしまうことで、

・脳に栄養がいかずぼーっとしてしまい頭痛へ発展する、
・肩こりや首の痛みを起こして、頭痛へ発展する、
・血圧が上下して、頭痛へ発展、場合によっては本当に危ない状態へ

ということが考えられます。

特に緊張性頭痛(緊張型頭痛)の場合は、肩や首のこりが原因なので、
そこへのアプローチをしていきます。

毎日の姿勢、血液サラサラの栄養素(定番の魚やえごまですね)、
毎日お風呂に入ってこりをほぐす

などなど

特に食事に関して、良い脂を摂れていない人は多いので、
試してみる価値はあります。

 


2.ストレスの原因を探る


 

頭痛が起きる原因のひとつは、ストレスですよね。

頭痛がし始めた時と、その前で、どんな環境の違いがあるのか、
頭痛が起こりやすいタイミングはどんな時なのか、
悩みや不安を抱えたり押し込んで見ないふりしていないか、

私たちは生きている限り、
ストレスがない生活は無理です!

楽しいはずのスマホやテレビも、交感神経を刺激して自律神経の乱れを起こすと考えればストレスになりうるし、
コーヒーも適量ならリラックスだけど、飲みすぎると過興奮になってしまいます。


人は、わからないもの(こと)に対して、
不安やストレスを感じます。


対処の方法を見つけて、ストレスと向き合ってみましょう。


交感神経を休め副交感神経を使う、
つまりリラックスするためにできることは、

ゆっっっくり息を吸って、
吸った時間より長い時間をかけてゆっっっっっくり吐く


ゆっっっくり吸って、ゆっっっくり吐く


吸う息よりも吐く息の方が長いと、
副交感神経が優位になりリラックスします。


これをほんの数分でも生活に取り入れる、

でもいいし、私は普段から気がついた時はこの呼吸法を取り入れています。


移動中にゆっっっくり吸ってゆっっっくり吐く

仕事しながら、ゆっっっくり吸って、ゆっっっくり吐く


ほんとーーーの話ですが、
これをやり始めて、ストレスに感じることが減りました。
何事にも落ち着いて対応できるようになっています。


これは、「マインドフルネス」といいます。
(マインドウェルネスとも)

簡単に取り入れられるので、
忙しい現代人は全員やった方がいいです。


今私はこの文章を作りながらやってます( ◠‿◠ )
まあスマホの画面を見てるからリラックスはしにくいですけどね。
作り終わったら移動するまで意識して呼吸してみます。


忙しい毎日のなかで、
どうやって自分をメンテナンスしていくかが大切です。

忙しいなかでも時間をかけて自分を磨くことによって、
結果的には効率が上がって忙しさから開放されることもあります。


目の前の緊急なことよりも、
緊急なことが今後起きないようにするために先を見据えた行動をとる、


ビジネスも身体づくりも、その点は同じです。

頭痛という難敵から自分の力で乗り越えていきましょう!!


今日も楽しくダイエット!身体づくりは人づくり。
あなたの悩める体質をもどしますᕦ(ò_óˇ)ᕤ