にきびの原因は栄養不足にあり!ビタミンB群のサプリを食後にとって肌荒れ対策!予防医学士薬剤師ろぎーの健康的な身体づくり

2019/07/30 予防医学ブログ
にきびを気にする女性


にきびになりやすいんですーというあなたへ
 


今日はにきびの話。

思春期の子供もなりやすいですが、
大人になってもぷくっと出来てしまうことがありますよね。

 

皮膚のトラブルも色々な原因がありますが、
「栄養」の面から見ると、

 

☑︎ ビタミンB2

☑︎ ビタミンB6

 

こいつらが足りなくなると、
皮膚トラブルが出てきます(u_u)

 

ビタミンB群は、豚肉や魚に豊富。
つまり野菜からは摂りにくい!


そして、ビタミンB群は糖や脂肪を身体の中で燃やしてエネルギーにする時に必要!


たとえば、ビタミンB群の量がすごく少ないとして、

①肌トラブルのために使う

②生きるためのエネルギーを得るために使う

どっちに使いますか??


自分で選べるなら①!!
という方もいるかもしれないけど、

 

大抵は②ですよね。

死因「ニキビ」って嫌だ。


身体も良くできていて、
私たちの選択の余地なく、優先するべきところに優先的に資源を回します。

そこは資本主義よ


ちなみに、今は例を2つだけあげたけど、
もちろん他にもいろいろビタミンは使うところがあって、
順番に使われていくことを

「カスケード理論」

といいます。


まったく同じ生活をしていても、
太りやすい人、太りにくい人がいるのは、
この理論のせいです。

 

資源を使う順番が人によって違います。


実際にあなたがどういうタイプなのかを見極めていくには、
トライを重ねるしかありません。

もしかしたら、流行りの「遺伝子検査」でわかるのかもしれないけど、
今のところNo Ideaです^^;
何か知っていたら教えてください。


つまり、甘いものや脂ものをたくさん食べても大丈夫な人もいれば、

ニキビなどの皮膚トラブルが起きやすくなる人がいるということ。

 

それならまずできることは、

日々の食生活のなかの、糖質と脂質の量を見直してみようということ。
普通に気にせず生活をしていたら間違いなく多く摂ってます。

そして、ビタミンB群をがんがんとっていく!

B2,B6と書かずに、あえてB群としたのは、助け合って働くので総合的に摂るとよいからです。

特にビタミンB群は水に溶けやすいし、熱に弱いし、酸にもアルカリにも弱いしで

外食やコンビニご飯の多い方は要注意です!


自分では摂っているつもりでも、壊れてしまっているということがあります。


なので、私がサプリメントをすすめるケースの1つめがだいたいこちらのB群のサプリメントです。
これでもか!!っていうくらい摂るので、お小水が黄色くなるんですが、使いきれなかった分が出るだけなので無問題♪


興味ある~~~という方は、
個別相談からぜひ申込ください。

あなたの悩みを一緒に解決させてください^^