ライスワークとライフワーク、その意味と現代に必要な考え方を学ぶ

2019/07/02 予防医学ブログ
ライス

今日はなんだかリアルな夢を見ました。

「ライフワーク」と「ライスワーク」

という言葉をご存知ですか?

ライフワークは自分の使命、心からやりたい事
ライスワークは生活のために行うこと

夢の中で誰かわかりませんが言っていました。

「ライスワークは1つにしろ!」

収入を得ることは悪いことではありません。
「稼ぐ」と聞くと日本人は少しマイナスな気持ちになる人が多いですが、

今の時代、「稼ぐ」だけでは稼げません。

モノやサービスは世の中にありふれていて、
「なぜその仕事をしているのか」
「その仕事をするあなたはどんな人なのか」
「その仕事を依頼することで私にどんなメリットがあるのか」
いろいろなスイッチがONにならないと、「稼ぐ」ことはできません。

だから、もっと真剣に考えて、
もっと真剣に普段から話し合わないと、

広告宣伝が上手いだけで実のないサービスや商品をつかんでしまったり、
高額なコンサルタント費を払っても1円も収入が増えなかったりします。

それはすごく不幸なこと。

夢のお告げは、「ライスワークをひとつにしろ!」というお告げでした。

「稼ぐ」こと、「収入を増やす」ことは、悪いことではありません。
「ライフワーク」が「ライスワーク」にもなったら素敵ですよね♫

わたしがお告げから学んだことは、
「ライスワーク」では自分や家族の経済的安定を確保するために頭の中のソロバン(家計簿)をたたく仕事を1つは残すということ。
「ライフワーク」では、相手のWINから考えて、徹底的に相手への理解を深めてから、自分の利を考えること。

かけた経費や決めた売上から逆算するのではなく、
提供する価値に見合う以上の金額を提示することから考える

結果的にそれが「ライフワーク」が「ライスワーク」にもなる事です。