便秘解消へ薬剤師ろぎーのアプローチ!食物繊維や水分のおすすめのとりかた

2019/05/29 予防医学ブログ
トイレットペーパー

さて、今日のテーマは「便秘」です。
便秘でお悩みの方も多いのではないでしょうか??

かくいう私も便秘持ちで、
予防医学に出会う前は、3-4日に1回というペースが当たり前だと思っていました。
ただ小さい頃から毎日出ていた記憶は全くなくて、小学校の頃はよく腹痛で学校を早退したり、保健室で休んだりしていました。
今は必ず毎日!!!とまではいかないまでも、ほぼ毎日決まった時間に出ています。


毎日の健康は予防医学がつくる!
便秘でお悩みのKさんのエピソードを見て、便秘解消のヒントをつかんでください!!

Kさんは、30代の女性の方。

もともとはダイエットを目的に私のカウンセリングを受け始めましたが、

「体質で悩んでいることはありますか?」

と伺うと“便秘”という悩みが出てきました。


食事には気を遣っていて、
1日3食きちんと食べて、なるべく自炊もする。
お酒やタバコもなし、運動も行なっています。

それでも便秘になるのは何故だろう?
私なりに頑張っているのに……人には相談できない悩みでした。


女性の場合は、ホルモンの関係で、身体が水分をためこもうとします。
よく勘違いされやすいんですが、便の80%は水分で、食べカスは10-20%しかありません。
ちなみに、残りは腸内細菌やはがれた腸粘膜です。

ホルモンの関係で身体が水分をためこもうとすれば、当然便の大部分は水分であるので、うまくお通じが出ないことがあります。
他にも身体の構造的な理由もあるようです。


まず私は、Kさんの食事の内容について1週間の記録を送っていただきました。
写真を拝見しているだけで心が満たされるような素晴らしい料理の数々でしたが、
意識したのは「食物繊維をどれだけとれているか」です。

平成29年度の厚生労働省国民栄養調査によると、
男性で20g、女性で18g摂るといいとされている食物繊維ですが、男性で14.6g、女性で14.3gしか平均では摂れていません
 

意識して摂らないとなかなか女性で18gという量はとれないですし、しかもあくまでこれも国が出している推奨量なので、場合によっては、30g以上摂っていく必要があるかもしれません。


そして、もう1つ気になった点は水分量です。
実はここが大きな原因になっていたのですが、以前に水が身体にいいと1日にに3-4Lと飲んでいたことがあるそうで、そのときにむくみが出てしまっていたそうです。
それからというもの、自分には合わないと水分はあまり積極的にとっていなかったのだと。

水分を何L飲めばいいのかというのは、正直私自身もハッキリとお答えできないところではあるのですが、
少なくとも、飲み水として1Lは飲むとよいです。
ぐびぐび一気に飲むのは大変なので、少しずつ分けて飲みましょう。

朝起きた時
朝ごはん中
昼ごはん中
夕ご飯中
お風呂の前
お風呂の後
寝る前

コップ1杯200mL飲むだけで、すでに1.4L飲めています。


そう、あなたはもう、飲んでいる!!!!


Kさんには、
水を多く飲むことと、美と健康のためにも食物繊維をサプリからとることを提案して、
納得の結果が得られました。


人の身体って本当に不思議。
不思議だけど、わかりやすくて面白い!!
あなたの悩みも、ぜひ聴かせてくださいませ。
個別カウンセリングは月の定員を決めていますので、場合によってはすぐにお応えできない場合もございます。

ちょっとでも聞いてみようかな、って思ってくださったなら、
連絡をお願いします。


「今が1番楽しい!」
人生を一緒につくりましょう!!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
個別カウンセリングの申し込みや質問はこちらから( ^ω^ )
あなたの事を教えてください。一緒に楽しい未来をイメージしましょう。
https://shunsukemizorogi.com/fasting/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【発行主】
名前:溝呂木俊介(みぞろぎしゅんすけ)
生年月日:1985年4月6日(丑年)
所属:フリー薬剤師本舗代表、ホンマルラジオ渋谷恵比寿局、元浅草アイアイ薬局

==================
【モットー】
「今が1番楽しい!を共に創る!!」
==================
☆私の主な取得資格☆
やりたい事が見つからない…自分に自信がもてない…わかります><私もそうだったからこそ、その踏み出す1歩を応援させてください!
研修認定薬剤師/予防医学士/オプティマムファスティングマイスター/CSRエキスパート/7つの習慣ボードゲーム公認ナビゲーター/7つの習慣ボードゲーム公認エデュケーター/稲荷町旅するトークホスト/ホンマルラジオ渋谷恵比寿局パーソナリティ