IT音痴の薬剤師でも実践してわかった初めての動画コンテンツの作り方

あらためまして、新年のご挨拶を謹んで申し上げます。

2019年は何日も前に始まっていますが、本格的に前へ進み始めました!

今年もよろしくお願いします。

0.いよいよ動画コンテンツ作りをスタート!

私の人生を明るく前向きにかえた予防医学をもっと広めたい!

薬剤師として予防医学に取り組む仲間を増やしたい!

人生「今が1番楽しいー!」を一緒につくっていきたい!

そんな想いから、今まで行ってこなかったブログやFacebookの投稿について、メルマガについて、そして動画コンテンツについての勉強を

イチから、いや、ゼロから始めています。

 

少しずつ動画は作ってきましたが、本日はパワーポイントのスライドを併用しての初の動画づくりを実践!!

私と同じように「初めてつくる」ひとにとって役に立つ内容であればうれしいです。

1.PowerPoint(パワーポイント)でコンテンツをつくる

まずは大前提としてのコンテンツをつくります。

こちらのつくり方についてはまた機会をつくって記そうと思いますが、

ひとつだけオススメのものを紹介します。

(まるごと使える!PowerPointプレゼン素材集Z 河合浩之(著)

詳しくは画像のところにAmazonのリンクをいれたのでクリックしてみてください。

こちらは、資料を作る際の素材がたーーくさんつまっている本です。

DVD付なのでそのまま使う事ができます♬

スライドのアニメーションが最初から入っているので、テキストを直すだけでオシャレな資料が完成します。

ベースを自分で組み立てる場合にも、

「わかりやすい図をつくりたいなぁ~」

と思ったらこの本をパラパラめくって、好きなデザインを見つけたらDVDから該当のスライドを開けてコピーして挿入すればOK!

この本さえあればデザインのセンスも知識も経験もいらないのですごく楽です。

 

私自身もスライドをつくるときには最近は必ずといっていいほど手に取る本なので、

ノートPCの中には常にこの本のDVDが入っています笑

資料作りに苦労されている方は、ぜひこちらを試してみてください。

 

2.PowerPoint(パワーポイント)の資料を使って、動画を撮影する

(注 再生ボタンをおしても動きません。リンクもありません^^;)

PC画面を見ながら、実際にセミナーや講演を行うようなテンションで動画を撮影します。

もしかしたら、オフライン(対面)でのテンションよりも2割増くらいのテンションの方がいいかもしれません!

完成のイメージはこんな感じです。

スライドの画面だけが映るよりも、印象がいいですよね♪

ちなみに撮影機材はスマートフォン(Iphone)を使っています。

その他使っている物は以下の通りです。なくてもいいかもしれませんが、やっぱりない場合と比べてしまうと必要性を感じます!

1.三脚

近くの家電量販店で購入。安定性、高さ、重さで選びました

2.照明(5500K YN600)

多くのユーチューバーさんがオススメしていた一品。光の当て方もユーチューバーさんを参考に(笑)

3.レコーダー(TASCAM(タスカム) DR-05VER2-JJ )+ピンマイク(オーディオテクニカ AT9901)

見た目も大切ですが、動画はやはり「音」も大切です

4.micro SDカード(microSDカード)

128GB Class10 UHS-I UHSスピードクラス3 V30 ビデオスピードクラス30を楽天市場で購入。

賛否両論あるようですが4,000円強の安い物でも問題なく使えています。

3.撮影した動画をもとにPowerPoint(パワーポイント)の資料をビデオ化する

実はいうと、これもともとは2番目にやっていた作業です。

ビデオ化をしながら動画撮影をしていたのですが、

その動画も結局は編集がはいるので、ビデオ化は後回しでOKです。

先にやってもどうせやり直しになります

PowerPointのビデオ化は、「ファイル⇢エクスポート⇢ビデオの作成」の順に進んでいきます(PowerPoint2013)

「記録されたタイミングとナビゲーションを使用する」のプルダウン(↓)を押すと出てくる

「タイミングとナレーションの記録」

を押して記録をスタートさせます。動画撮影のテンポに合わせてスライドを移動させていきます。

そして「ビデオの作成」を押してビデオ化の終了です!

結構時間がかかりますので、時間に余裕のあるときに「作成」ボタンを押しましょう。

4.動画編集ソフトを使って編集する

いよいよ編集ソフトの登場です!

私は、Filmoraを使っています。(HPはこちら

テロップや音楽の挿入に慣れが必要ですが、

直観的に操作ができるのでやりながら覚えていける製品です。

動画の編集はプレビュー画面が重くなることがあります。

その時には、「レンダリング」を実行することをオススメします。

「ファイル⇢レンダリングタイムライン」

で簡単にでき編集作業もスムーズになりますが、こちらも少々時間がかかるので気を付けてください。

5.YOUTUBEなどにアップする

おめでとございます。あなたの動画は公開の1歩手前です。

YOUTUBEへのアップは、私も始める前は難しいのかな~と思っていたのですが、

「こんなに簡単でいいの!?」と思うくらい簡単です!

どの画面からでもいいですが、右上のビデオカメラのマークを押すと画像のようなアップロードする画面にうつります。

このままファイルをドラッグ&ドロップすればYOUTUBEに公開されます!!

 

な、なんて簡単!!!

 

公開設定も、「限定公開」にかえるなど簡単に設定をかえることができます(〇の部分)

あとはタイトルや説明文をつければ動画コンテンツの完成です!

 

6.さいごに

いかがでしたか?

IT音痴の薬剤師でも、ここまでのレベルはつくることができました。

これからもどんどん予防医学の価値ある動画をつくっていきます。

そして、「自分もつくるぞ!」という方の背中を押す投稿を続けていきます。

 

一緒に

「今が1番楽しい!」

人生を創りましょう!!

 

(申し込みはこちらから)

応援が励みになります!シェアをお願いします♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA