自然の中でマインドフルネス!心の疲れ、神経の疲れもしっかりとろう!

疲れって何だろう?

皆さんは休日をいかがお過ごしですか?

平日の「疲れ」をしっかりととるために家でゆっくりしているかた、

温泉や岩盤浴でリフレッシュをしているかた、

家族や恋人、お友達とお出かけして楽しんでいるかた、

楽しい休日を過ごせていますか??

私自身、予防医学に出会う前は「疲れ」がたまっていました。

毎日眠い…

寝た気がしない……

疲れが取れない……

そんなとき予防医学の師匠に言われた一言が、今でも忘れられません。

「そもそも疲れるってなんでしょう?」

そうなんです。

普段から当たり前のように使っていた「疲れ」という言葉を、あらためて論理的に、科学的に説明しようとすると出来ない自分がいました。

これでは「疲れ」が取れないのも当たり前ですよね。

「疲れ」には、

  • 身体の疲れ

  • 心(神経)の疲れ

の2つの「疲れ」があります。

 

身体の疲れは、肉体疲労

立ち仕事で脚が疲れる

営業周りで1日疲れたー

重いものをたくさん持って腕がパンパン!

そんな時は、炎症を抑えるために冷やしたり、お風呂にゆっくりつかって血行を良くしたり、ヨガやストレッチで筋肉の緊張をほぐしたりと、物理的なアプローチが有効です。

また、ビタミンB群をとって食べ物を効率よくエネルギーにかえることや、ビタミンC,E,Aといった抗酸化ビタミンを摂って、身体にとっての老廃物を取ってあげることも重要です!

私の場合はまさに後者で、毎日の生活のなかでまったく栄養素が足りていませんでした。

今考えるとおそろしい食生活です。

何かの機会にカミングアウトしますね。

 

では、

心(神経)の疲れ

はどうでしょう?

    たんぱく質をしっかり摂ってホルモンや体内酵素をつくる
    n-3系(ω-3:オメガ3とも)の脂肪酸→身体にとって良い油を摂る
    自分なりのストレス解消方法を行う

などなどありますが、今回はマインドフルネスついてご紹介します。

マインドフルネスをご存知ですか?

パソコンやスマートフォンの長時間の操作

寝不足や日中のストレス

たんぱく質不足やビタミン不足

わたしたちの自律神経は乱れやすくなっています。

 

パソコンやスマートフォンを夜中までさわっていると、交感神経が優位になり身体が休まりません。

交感神経が優位な状態は、いうなら戦闘態勢!!

日中もイライラしたり刺激に対して反応的になってしまったりと自分や周りにとって良いことは少ないです😞

簡単にできる自律神経の乱れをもどす方法のひとつに、

「吐く息を長くする」

というものがあります。

いつどんな時でもできるのがこの方法をオススメする理由です🤓

やり方は、

  1. 息をゆっくり吐いてすべてだしきる
  2. ゆっくり息を吸う。そのときに、鼻から空気がながれる感じを意識してみてください。冷たい空気が体に入っていくのを感じることが大切です。
  3. ゆっくりゆっくりゆっくり息を吐きます。吸った時よりも長くゆっくり吐きましょう。身体に入ってきた冷たい空気が、温かい空気にかわって身体の外に出ていきます。最初は無理して長くしようと思わなくてもいいので、「吐く息を吸った時よりも長くする」ことを大切にしてみてください。吐く息を長くすることで、副交感神経が優位になります。

仕事などでストレスを感じやすいかたは、普段の呼吸を意識しておくと、思いもよらないことがあったとしても、反応的にならずに、心の一時停止ボタンを押して、自分と周りにとって最適な判断と行動ができるようになります。

 

どこにいても、何をしてても実践できる方法なので、

ぜひぜひ試してみてくださいね♪

【YouTubeチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCdLgr8CLeW42gx0IE2J8T8A

【Facebookの友達申請もよろしくお願いします!】

https://www.facebook.com/freeyakuzaishi/

 

マインドフルネス

ぜひぜひやってみてくださいね♪♪

応援が励みになります!シェアをお願いします♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA